会社情報

会社沿革

沿革写真
1931年
(昭和6年)
初代社長、岡部福蔵が新潟県長岡市文治町(現長岡市春日町)にて、当時流行のスウェーデン式スキー金具の製造から業を興す。
この年に上越線が開通し、長岡に於いて、上越開通博覧会が開催される。この時展示された最新式八尺旋盤を購入し、岡部鉄工所として機械加工を開始する。
1962年
(昭和37年)
社名を株式会社丸栄機械製作所とする。
資本金、100万円
1964年
(昭和39年)
小型円筒研削盤 MG-200の販売を開始。
1971年
(昭和46年)
初代社長岡部福蔵死去により、岡部福松が二代目社長に就任。
1972年
(昭和47年)
本社を、現在の鉄工町に移転。
2004年
(平成16年)
円筒研削盤メーカー(株)宮本製作所の業務を継承し、宮内工場として操業開始。
2007年
(平成19年)
岡部福松が会長に就任。岡部恒夫が 三代目社長に就任。
2009年
(平成21年)
品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001:2000の認証を取得。
2011年
(平成23年)
創業80周年記念行事を行なう。
2012年
(平成24年)
宮内工場に会社の全機能を集約
Page top